手作りを楽しむ暮らし


by honomame
b0132338_15023464.jpeg

ロンドンで最初の朝は、早速持ってきたカップ麺で朝食。
こんなに早く日本の味が恋しくなるとは思わなかったなぁ。
まずは昨日と同じ道を歩いてニールズヤードへ。
カラフルでかわいい路地。
朝一番で誰もいないのでゆっくり見れました。






b0132338_15030111.jpeg






b0132338_15035175.jpeg






b0132338_15052212.jpeg
牛乳が並んでる〜。






b0132338_15054270.jpeg
看板もおもしろい。






さらに歩いてコヴェントガーデンへ。
b0132338_15060685.jpeg
花がいっぱいのパブ。






b0132338_15064472.jpeg
コヴェントガーデンに到着。
5時からアンティークマーケットやってるはずなんだけど、
人がいない。





b0132338_17341790.jpeg
あれれー。





b0132338_15070797.jpeg
焦って調べ直すと、一本向こうの通りで
ジュビリーマーケット発見。






b0132338_15075995.jpeg
よかった〜。






b0132338_15083548.jpeg
もう7時過ぎてるけどまだ皆さん準備中の様子。
それでもチラチラ見て歩き、
優しいおじいさんのお店でシルバーの小物を数点お買い上げ。








ここから初めてロンドンバスに乗ってホテルへ戻ります。
b0132338_15091831.jpeg
通勤の人が増えてきた。






b0132338_15085743.jpeg
ガラスも花もいい感じ。







b0132338_15094094.jpeg
オイスターカード でいざ、乗車。
と、落ち着かない様子のヒロタン。
何?どうかした?
逆方向行ってる気がする。
!!!なに!降りんなんぜ!
すぐにベルを鳴らし、1つ目のバス停で降車。
戻るバス停を探すと、反対方向は工事中で通行止。
仕方がないのでさっきのバス停まで歩いて戻ることに。
こういうことがあるから、常に時間に余裕が必要ー。
幸い時間があったから、戻って正しいバスに乗り、
ホテルへ戻り、その後の予定に影響はなし。
しかし、慌てた〜。





ホテルで2泊分の着替えをリュックに詰めて、
スーツケースは鍵をかけてクローゼットにしまい、
再出発。
まずユーストン スクエア駅まで歩いて、
地下鉄でパディントン駅へ。
通勤ラッシュでぎゅうぎゅうで暑くて大変。
ここで地下鉄恐怖症になる。
広ーいパディントン駅に到着。

b0132338_17335457.jpeg








b0132338_12455541.jpeg
大きな液晶モニターで予約しておいたチケットを発券する。
発車まで1時間あるので、ここでやっとちょっとゆっくりできるー。








b0132338_12463356.jpeg
スーパーや売店がいくつもあって見てまわり、
サンドイッチとマンゴーとオレンジジュースを購入。






b0132338_15101044.jpeg
ベンチで2度目の朝ごはん。
このオレンジジュース、粒入りで美味しい。
サンドイッチは見た目は素敵だけど、味が薄い、、、






b0132338_15105808.jpeg
出発ホームは発車の10分前にならないと分からないので、
みんな電光掲示板の前で待ってて、決まった瞬間に急いでホームへ。
駅が広いのでホームを探して移動するの焦るー。
指定席を取っておいたので安心していたのに、
乗るはずのJの車両が無い!
長ーい列車の端まで駆け足。
するとWhere is J!と作業員さんに聞いてる数人の人発見。
Jなんか無いよ!その辺のに乗りな!
とそっけない返事。
みんな腑に落ちない顔で、しかし時間がないので近くの車両に乗り込む。
どうやら自由席のようで、ガラガラだったのでとりあえず座る。
J仲間たちから、
指定席を確保してたのになぁ、
Jは一体どこだったんだ。
まあ、乗れたからいいか。
と、いう雰囲気が英語がわからないけど伝わってくる。
ここで英語ができたら話しかけてどこまで行くんですかー?とか聞けてたら、
この後の災難はなかったのに、、、

ナビによるとこの日は電車が一部区間でバスに代行になり、
乗り換えが必要とのこと。
乗り継ぎの駅に着くと、ホームいた人たちがどんどん乗ってくるのを見て、
あれ?降りずにこのまま行けるのかも?
と迷ってるうちにJ仲間たちは降りて行き、
駅員さんに聞きたくてもいなくて、そのまま発車。
乗り継ぎなくて楽でよかったね〜、と呑気に話してたら
キップを確認に来たお姉さんが、
!!!あなたたち、ミスしたわよ!
なんたらかんたら〜!!!
言葉がわからないけど、
これは、やはりミスだったらしい。
お姉さん、こいつら話せないんだな、と紙に指差しで説明してくれる。
次の駅で降りて、さっきの駅に戻って、バス!
分かりました。
真っ青、ショボーン。
するとさっきの駅から乗って来た前の席のおじさんがなぐさめてくれて、
次の駅で降りたら、階段降りて、反対のホームへ行くんだよ、グッドラック!
心配すんな、なんとかなるよ、と優しい。

特急だったので次の駅まではかなりのスピードでかなりの距離を走り、
さっきの駅まで戻る電車はあるのか、一体何時間のロスになるのか、
予定していたモートンインマーシュ のバスはもう乗れないから、
ガーデン行けなくなるんじゃない?
あそこに行くのが目的なのに〜!泣
と、絶望しつつ、次の駅に着くと反対のホームにはもう電車が停まってる!
おじさんに、あっちへ渡って乗るんだよ!頑張れ!と応援してもらい、お礼を言って、
ダッシュ!
なんとか無事戻る電車に乗れた〜。
どうやら遅延していた様子で物凄くラッキー。

駅から出ると分かりやすく乗り継ぎバスの案内があり、
お姉さんにどこ行き?と聞かれ、
モートンインマーシュ 、と言うと、通じない。
何度か聞き返され、なんとか分かってくれて、
そこのバス停よ、と教えてくれた。
モートンインマーシュ 、ではなく、モゥーィンマッ、みたいな発音らしい。
そりゃ通じんわー、よく分かってくれたなぁ。

バスを待ってると、係りの人がボトルの水をくれた。
サービスいいな、と思ったら、バスに乗るとクーラーなくて暑い。
あー、これは熱中症対策の水だったのかな。
乗客は他に2組。
数十分走り、何もない空き地みたいなところに停車。
よく見ると看板表示があって、茂みの向こうに小さな駅があり、
ホームには人がいて、ホッとする。

b0132338_15113245.jpeg
やっと電車に乗り、
この後はどうなるかまだ不安。






b0132338_15115765.jpeg
モートンインマーシュ に到着。
思ったよりは早かったけど、予定より一時間以上遅れ。
まずはバス停へ。
駅前のバス停へ行くと、先にいたおじさんが、
ボートンオンザウォーター行きは何時だよ、どこ行きたいの?
チッピングカムデンは向こうのバス停だよ、と教えてくれる。
みんな優しいーーー。







b0132338_15123783.jpeg







b0132338_15122153.jpeg






b0132338_15131206.jpeg






b0132338_15135594.jpeg






b0132338_15133497.jpeg






b0132338_15142174.jpeg






b0132338_15144848.jpeg






b0132338_15150950.jpeg
街の方のバス停へ行き、時刻表を見ると、やっぱり次は15時過ぎのしかない。
これじゃガーデンは無理だー。
観光案内所へ行き、タクシーを呼んでくれませんか?と聞くと
カントリーサイドではタクシーを捕まえるのはとても難しいのよ。
探してもいいけど、もし捕まらなくても、捕まっても、
どっちでも2ポンドかかるわよ。
と、お姉さんに言われ、
それでもいいです。
お願いします。
するとお姉さん、何箇所か電話してくれるも、
全滅。
かけては、ダメ、かけては、ダメ。
無理か、、、お礼を言って出ようとしたら、
まだ待って!とパソコンで色々調べてまた電話してくれて、
なんと、1台捕まえてくれた!
わー!パチパチ、ありがとうございます!

しばらくして陽気なおっちゃんが普通の車で登場。
個人タクシーかな。
カードが使えないそうなので現金を下ろしにキャッシュコーナーに寄ってもらうことに。

それにしても、トラブルが発生しては、
人の優しさに助けられる、の繰り返し。
ハラハラハラハラ緊張しっぱなしでした。

つづく

# by honomame | 2018-07-16 20:27 | おでかけ | Comments(0)

旅行2 ホテル周辺

入国審査の後はスーツケースも無事出てきて、
ロストバゲッジ用に持ってきていたリュックを詰め直し、いざ地下鉄へ。
と、乗り場が分からず、trainの表示に従って行くと電車で違う。
戻ってよく探すと地下鉄のマーク発見。
反対方向だったー。
気を取り直して、いざ地下鉄。
空いてたので真ん中辺りにスーツケース抱えて座る。
と、どんどん混んできて、しかも暑い。
ここのところロンドンは気温が高く、
地下鉄はクーラー無し。
めちゃくちゃ暑いし混んでるし、
40分長くて苦痛。
しかも入口手前にもスーツケース持ってる人がいて、
降りれるか心配でずっとハラハラ。
無駄に神経すり減らす。
ラッセルスクエアに着き、ぎゅうぎゅうの中をなんとか通してもらい
降りようとしたらヒロタン反対のドアへ進んで
みんなにあっちあっち!と言われる。
それでもなんとか無事ラッセルスクエア着。
階段もそれほど多くなく、リフトで上がる。
b0132338_06544971.jpeg
Googleストリートビューで見た景色が目の前に。






テスコとプレタマンジェを右に見ながら進み、
右折してすぐホテル発見。
b0132338_19243057.jpeg
チェックイン後、巨大ホテルでちょっと迷ったものの、
無事部屋到着。







2階の1243号室。
b0132338_19253679.jpeg
リフトの表示では1階。






b0132338_19252506.jpeg
どこまでも続く廊下。






イギリスのホテルはほとんど冷蔵庫がないと聞いていたけど、
部屋に入ると、
b0132338_19241309.jpeg






b0132338_19244956.jpeg
なんと!冷蔵庫がある!古くて小さくてちょっと汚いけど、
嬉しい!
しかしクーラーは無いので暑いー。
窓を開けても変化無し。
レースがなくて外から丸見えになるので
分厚いカーテンを閉めたら風全く通らず。






b0132338_19251147.jpeg
風呂の換気扇も小さくて弱くてないのと同じ。
でも、安いホテルだし口コミで評判いまいちだったから期待してなかったけど、
思ったより広いしかわいい部屋。
お風呂、洗面も広いしドライヤーもある。
タオルは巨大で分厚いのが3枚。
あとは石鹸が2つあるのみ。

疲れと緊張と暑さでバテバテ。
でも部屋にいても暑くて休まらないので早々に出かけることに。
飛行機の遅延と後ろの席で降りるのが遅かったことなどで時間がなくなったので、
予定していたシャーロック博物館は取りやめ、
ヒロタンが好きそうなお店、Astrology Shopへ向かうことに。

b0132338_19255363.jpeg
外に出ると周りの建物が全部かっこいい。






b0132338_06555592.jpeg






b0132338_06542739.jpeg
花の飾り方もオシャレ。






b0132338_06530122.jpeg
公園ではたくさんの人がくつろいでいます。






b0132338_06532034.jpeg
大英博物館はもう閉館。






b0132338_06534161.jpeg
杖と傘の店らしい。
かっこいい。









b0132338_06541166.jpeg
占いと魔法のお店。
ここでヒロタン嬉々としてタロットカードを2種購入。







帰り道、テスコに寄ってお買い物。
混んでて乱雑。
品出し間に合ってなくて冷えた水がないー。
b0132338_06550514.jpeg
ホテルに戻って、晩酌。
ビールの品数多くて楽しい。






b0132338_06552277.jpeg
チキンマカロニとモッツァレラチーズとクリスプスを食べて、
早めの就寝。
今回は夜出発だったせいか、時差ボケはなくて楽でした。

つづく

# by honomame | 2018-07-16 12:28 | おでかけ | Comments(0)

半年以上前から準備していたイギリス旅行へ行ってきました。

6年前ツアーで行き、もっとゆっくり行きたい場所だけを周りたい、

本場のラベンダー畑を見たい、という思いから

英語を話したことのないほのまめ夫婦の大冒険。




まずは富山発9:40羽田行き。

10:45に羽田空港に着き、国際線へ無料バスで移動し、
スーツケースをコインロッカーに預けてモノレールと電車でお台場へ。
今回はカタール航空でドーハ乗り継ぎ、
羽田空港発は深夜00:01なので東京でも遊ぶことにしました。

12:30アクアシティに着き、
お昼ごはんは洞窟みたいなお店で地ビールとタコス。













暑い日だったのでビールが美味しい。






隣のDECKSへ移動。









b0132338_19181000.jpeg







b0132338_19182308.jpeg








b0132338_19175621.jpeg
ヒロタン、テーブルゲームに大喜び。







b0132338_19184313.jpeg
たこ焼きミュージアムでたこ焼きとビール。







アクアシティへ戻り、映画館でハンソロを観る。
広くて見やすい映画館。

観覧車へ移動し、デザインアートミュージアムへ。
b0132338_19194012.jpeg
広い、暗い、迷路。
楽しい!





b0132338_19195615.jpeg







b0132338_19201036.jpeg







b0132338_19202373.jpeg







b0132338_19204471.jpeg







b0132338_19210016.jpeg







b0132338_19211837.jpeg
体験型アート。
刺激的。

整理券をもらった展示が列になってて並び疲れる。
寝転んで観賞。
出口へ向かうと警報が鳴り、地震!震度3
怖かった。

また電車とモノレールで21:00羽田へ戻り、カタール航空にチェックイン。
チケットとパスポートを見せてスーツケースを預け、手荷物にシール。
とりあえず1万円だけ両替。
60ポンドになり、小銭が日本円でおつり。

たくさん歩いたのと、暑さと、地震トラブルなどなどで早くも疲れ果て、コンビニでおにぎりとサンドイッチを買って食べたあと、手荷物検査も通り、搭乗。
待合のベンチが座席の位置ごとにゾーン分けしてあって安心。
後ろから二番目の席。
毛布、耳栓、靴下、歯ブラシ、リップのセットが席に用意してありました。
00:01発。








羽田からドーハまで10時間。

b0132338_19224357.jpeg








食事は2回。

































b0132338_19231195.jpeg

















さらにミートパイとカップケーキ。

飲み物は頼まなくてもちょくちょく持ってきてくれる。









寝てる間に膝の上にチョコとポテチが置いてある。
きめ細かなサービス。

ただ、寒い。

毛布にくるまってギリギリ。

厚い上着が必要。


















04:55ドーハに着くとtransferの矢印に進み、手荷物検査。

待ち時間3時間。

ベンチを探して彷徨う。

買い物はせず。

しばらくして電光掲示板でAゲートとわかり、向かうといっぱいベンチあり。

しばし待つ。

08:00発ヒースロー行きに乗るもなかなか出発せず、遅れる。

また6時間。

今度は座席には毛布のみ。

食事も軽め。









メニューと一緒にLanding cardが配られたので早めに記入。








また後ろから三番目ほどの席。

航空券を買うときは並び席でなるべく前を指定するよう記憶する。

長時間のフライトは通路側だとトイレに行きやすくて気が楽。








ヒースロー空港に着き、いよいよ入国審査。

やはり長蛇の列。

40分ほど並ぶ。


What purpose of your visit?

-sightseeing.

6days?

-6days.

Only London?

-Cotswolds 2days.

Thank you.であっけなく終わり。


遂に、到着。


つづく


# by honomame | 2018-07-16 05:04 | おでかけ | Comments(0)

帰ってきました

b0132338_10575026.jpeg
なんとか無事着きました。
あとで少しずつ旅行日記書いていきます。

# by honomame | 2018-07-15 11:07 | おでかけ | Comments(0)

とりあえず帰国

b0132338_23394264.jpeg
長かった、、、
とりあえず羽田まで帰って来ました。
仮眠して明日帰ります。

# by honomame | 2018-07-14 23:41 | おでかけ | Comments(0)